エンジェルブレス~パワーストーンSHOP制作あれこれ~

制作し携わっているパワーストーンに関したあれこれを綴る

パワーストーン(天然石)の品質に関しての裏事情と業界の闇

宝石には濃淡さによって金額に差があるのはご存じだと思われますが、パワーストーン(天然石)にも現在それがあてはめられているのはご存じでしょうか。

 

一瞬、え?なんのこと?

と思った方がいらっしゃるかもしれません。

 

ダイアモンドのクオリティには、〇カラットという大きさを表す単位と〇〇カットと呼ばれる輝き、濃淡度を決めるカラー、クオリティーの4つの構成から決定されています。ハイクラスのジュエリーショップで売られているダイヤモンドや画像検索で出てきますダイヤはどの角度から見てもキラキラと輝き、透明度が高いですよね。

 

基本的に宝石の基準は、ダイアモンドの品質を決める4つの判断基準が元になっています。

 

では、パワーストーン(天然石)の品質はあるのでしょうか?

 

天然石大好きな私が、この世界を少し離れていた間に様変わりした闇を覗いて複雑な気持ちとなりました(泣怒)

 

今回は、パワーストーンショップで見かける「AAA」や「高品質」「AAAAA」といった

文字の意味合いに関して、なぜお店ごとにバラバラなのかを解説していきたいと思います。

私と同じように疑問に感じた方のご参考になれば幸いです。

 

 

パワーストーン(天然石)の品質とは

本来パワーストーン(天然石)に品質基準といったものはありません。

私が初めて出会った時代の天然石と呼ばれるものは、高品質も低品質も存在せず、原石か加工されたものの二択しか存在していませんでした。

 

でも今はお店ごとにそれぞれのものが存在していますよね。

 

なぜか?

 

宝石に馴染みがある日本人にパワーストーン(天然石)を売るには、ダイアモンドの品質基準を取り入れ、分かり易くする必要があったためスピリチュアルをビジネスとする人達が勝手につけたものに他なりません。

そちらの方が馴染みやすいですからね。

 

まぁ周りが高品質と謳っている中で、何も品質をつけずにいるとどうしても売れないといった裏事情からつけているショップさんもいるのが現状となっています。

 

ですのでお店によって基準や英数値がバラバラになっているのは、そのお店独自の判断基準に則って記載されています。

 

となると一つ、疑問が浮上しますよね。

「宝石やダイアモンドの品質はどのお店に行っても統一されているのに、なぜパワーストーン(天然石)はバラバラでも営業出来ているの?」

 

次は、この業界に取り巻く裏事情を解説していきますね。

 

パワーストーン(天然石)を取り巻くお店の実態、裏事情とは

さきほどの答えは、行政(規制)の整備がされていないから。

 

ダイアモンドですと、〇カラットで〇〇円、金の取引市場のように一定の価格が存在している宝石業界はある意味整備がきちんとされていると言わねばなりません。

が、パワーストーン(天然石)は趣味の延長線上から派生したものであり、オカルトの分野に該当するため無法地帯となっています。

 

ですので、この大きさなら〇〇円、この濃淡度なら〇〇円と固定した線引きが一切存在しません。完全にお店ごとに委ねられています。

 

ではお店ごとに自由に決定権が委ねられると、どういう現象が起きると思いますか?

競合が増えるので独自の付加価値をつけて販売しないと売れ残っちゃう><

 

結果、パワーストーンと天然石は別物だとか、最高品質のパワーストーン(天然石)と謳う、石に強力なパワーを送り身に着けるだけで願いが叶うパワーストーン(天然石)が爆誕したのです。

 

30年以上の歴史をもつ天然石の販売を運営しているショップさんでしたら、この業界の取り巻く環境や歴史に関して苦言をしているかもしれません。

またはその時代のやり方に沿って売り方を変えてきてることもあり得ます。

 

天然石には色々な内容物が自然に溶け込んで様々な模様や色鮮やかな世界を見せてくれている人間よりも長い時間を生きている素晴らしい宝石ですので、売り手の言葉に惑わされずに、あなた自身の一目ぼれ、直感を大事に石を選んで欲しいと願っています。

 

パワーストーン(天然石)の品質に関しての裏事情と業界の闇のまとめ

惑わされないようにと言っても、どうしても高品質というと売った時に高値で売れるのかな?とか思っちゃうのが人間のサガかもしれません。

 

宝石と違いパワーストーン(天然石)は品質基準が存在しないといいましたが、資金繰りに困った際に高値で売れると思い、高級品質のものを購入した石を売りに出したとしても買取不可能なショップさんが多いと思われます。

なぜなら、基準となるものがそもそも存在していませんので。

 

ですのでそういった理由で買うのであれば「宝石」または「金」を購入して下さいませ。

 

天然の石本来の姿や研磨した際の変身した可愛くも綺麗な天然石を好きになって頂けると嬉しいです。

厚化粧よりもスッピンが綺麗ですからね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。