エンジェルブレス店による天然石あれこれ

天然石に関したあれこれを書きなぐる

天然石と模造石の違いは?別物だと知った時の衝撃は凄かったというお話

こんにちは、ねこです。

 

これはもう癖なのですが、
キラキラした石や雑貨を1日中見てても飽きないぐらい好きなんですけど分る方いらっしゃいますか?

 

石も見ているとキラキラ輝いてるものもあって癒されるのですが、極たまーーーに、あれ?と思う石に遭遇するんですね。

それが、タイトルにもあります、模造石というものだと知った時の衝撃は大きかったです。

 

なぜ衝撃が大きかったかといいますと、店主は天然石と向き合って30年ぐらい経過するんですが、この20年ぐらいの間で、天然石の種類が膨大に増えていまして。

 

海外の流通経路の発達により新たな新種の天然石が生まれても可笑しくないなぁって思ってたんですよ。

色合いとして見たらパステルカラーでアクセサリーとして見たら見てるとほっこりした気持ちになります。

こういう色なら、こういうのに似合うな、と妄想が膨らみまくるんですね。

 

しかし天然石としての立場で見ると、違うんです、これが。

天然石から出るキラキラがね、ないんです。

この違いってなんなんだろう?

 

今日は、天然石のような名前がついているけれど、石じゃないものをいくつかご紹介しようと思います。
是非ご参考にして下さいね。

 

天然石と模造石の違い

天然石はその名の通り、天然の石です。
模造石は、石のように見立てたガラスのこと。
イミテーションと呼ばれていることもあります。

 

では、天然石のような名前のガラスはどんなものがあるのか、見ていきますね。

*ここでは、着色した石は外しています。

 

天然石っぽいガラス(模造石)の紹介

ここで説明しているものはほとんどが本物の石が存在しており、その石がものすごく高価で採掘量が少なく市場に出回る量が供給できないために模造石がでている、ということがあげられます。

 

全ての人に行き渡らないのであれば、似た石を作っちゃえ発想です。

 

<チェリークォーツ>
ストロベリークォーツという天然の石を模倣して作られたもの。
似たような名前のチェリークォーツは石ではなくガラスです。

 

 

<シンセティックオパール
オパライトガラスという天然石風のオパールがあり、シンセティックオパールと同じです。
オパールとついていますが天然石ではなくガラスです。

 

<テクタイト>
隕石の衝突によって出来た天然のガラスの事。
ちなみに海でスモークがかったガラスの石は、シーガラスと呼ばれています。

 

<ルナフラッシュクリスタル>
〇〇クリスタル ルナフラッシュクリスタル、という表示になっている場合が多いですがこちらもガラスです。

 

パワーストンとして効果があると言われ市場によく出回っているのはチェリークォーツでしょうか。

ガラスだとはっきり明記していれば良いですが、明記せずに販売しているお店も多いです。

 

まぁ元がガラスであっても、ストロベリークォーツと似たパワーを込めることができて売っているようなので、元の材質はもはや関係ないのかもしれません。

 

でもそう考えるなら素材は何でもよい物に恋愛運や仕事運、金運のパワーといったものを付ける事が出来るなら、その人自身が天然石や模造石にパワーを注ぐんじゃなく人体に直につけちゃった方が早いんじゃない?と思うのは野暮というものなのでしょうか(´・ω・`)

 

となると一つの疑問が出てくるかと思います。

それは次で。

 

ガラスであってもパワーストーンとして売られている場合は?

それは景品表示法の優良誤認違反になりますので、消費者センターへ問い合わせを入れて下さい。

 

なんでもそうなのですが、ここでちょっと余談話を。

 

昔、天然温泉という名前の温泉がすごーくたくさんあったんですね。
こんな場所でも天然の温泉って湧いたんだ(驚き)と思うぐらい、ものすごくたくさん。

でも、その線引きが全く無かったんです。

 

川から引っ張ってきた水をボイラーで沸かしただけでも天然温泉と偽って営業していたお店もありましたし、
源泉100%使用、天然温泉100%という表示もありました。

 

いくら入浴しても、肌がすべすべにならない、体調が良くならない。
なんなら、何度か浸かっている間に肌がピリピリしてくる。

そんな問題が多発し、2003年に行政が入り温泉表示に関して新たな法律が生まれました。

 

健康ランドスパリゾートへ行くと、温泉に関しての説明文が細かくなっているのを見かけた事はありませんか?

地下〇mから掘った源泉を沸かしています、温泉街の○○温泉から天然の湯を使用しています、といった記載。

 

利用する側がぱっと見た時に、誤解を招く恐れがある誇大表示は辞めましょう、という規約が出来たのです。

銭湯や健康ランド、また伝統ある温泉街へ行きますと、温泉の成分一覧表や効能がしっかり明記されているのも、この温泉表示が生まれてから、より明確に判断できるようになっています。

 

「メディアが出来ない表現を個人が自由に出来るのが個人事業主の強みである」

という言葉を聞いたことがありませんか?


それは景品表示法を知らずに、誇大表示、または優良誤認表示をして商品を販売しているに過ぎない話だということをこのブログを読んだあなたに知っておいて欲しいと思います。

 

いつも最後までお読み頂きありがとうございました。

 

内容

 

パワーストーン(天然石)の品質に関しての裏事情と業界の闇

宝石には濃淡さによって金額に差があるのはご存じだと思われますが、パワーストーン(天然石)にも現在それがあてはめられているのはご存じでしょうか。

 

一瞬、え?なんのこと?

と思った方がいらっしゃるかもしれません。

 

ダイアモンドのクオリティには、〇カラットという大きさを表す単位と〇〇カットと呼ばれる輝き、濃淡度を決めるカラー、クオリティーの4つの構成から決定されています。ハイクラスのジュエリーショップで売られているダイヤモンドや画像検索で出てきますダイヤはどの角度から見てもキラキラと輝き、透明度が高いですよね。

 

基本的に宝石の基準は、ダイアモンドの品質を決める4つの判断基準が元になっています。

 

では、パワーストーン(天然石)の品質はあるのでしょうか?

 

天然石大好きな私が、この世界を少し離れていた間に様変わりした闇を覗いて複雑な気持ちとなりました(泣怒)

 

今回は、パワーストーンショップで見かける「AAA」や「高品質」「AAAAA」といった

文字の意味合いに関して、なぜお店ごとにバラバラなのかを解説していきたいと思います。

私と同じように疑問に感じた方のご参考になれば幸いです。

 

 

パワーストーン(天然石)の品質とは

本来パワーストーン(天然石)に品質基準といったものはありません。

私が初めて出会った時代の天然石と呼ばれるものは、高品質も低品質も存在せず、原石か加工されたものの二択しか存在していませんでした。

 

でも今はお店ごとにそれぞれのものが存在していますよね。

 

なぜか?

 

宝石に馴染みがある日本人にパワーストーン(天然石)を売るには、ダイアモンドの品質基準を取り入れ、分かり易くする必要があったためスピリチュアルをビジネスとする人達が勝手につけたものに他なりません。

そちらの方が馴染みやすいですからね。

 

まぁ周りが高品質と謳っている中で、何も品質をつけずにいるとどうしても売れないといった裏事情からつけているショップさんもいるのが現状となっています。

 

ですのでお店によって基準や英数値がバラバラになっているのは、そのお店独自の判断基準に則って記載されています。

 

となると一つ、疑問が浮上しますよね。

「宝石やダイアモンドの品質はどのお店に行っても統一されているのに、なぜパワーストーン(天然石)はバラバラでも営業出来ているの?」

 

次は、この業界に取り巻く裏事情を解説していきますね。

 

パワーストーン(天然石)を取り巻くお店の実態、裏事情とは

さきほどの答えは、行政(規制)の整備がされていないから。

 

ダイアモンドですと、〇カラットで〇〇円、金の取引市場のように一定の価格が存在している宝石業界はある意味整備がきちんとされていると言わねばなりません。

が、パワーストーン(天然石)は趣味の延長線上から派生したものであり、オカルトの分野に該当するため無法地帯となっています。

 

ですので、この大きさなら〇〇円、この濃淡度なら〇〇円と固定した線引きが一切存在しません。完全にお店ごとに委ねられています。

 

ではお店ごとに自由に決定権が委ねられると、どういう現象が起きると思いますか?

競合が増えるので独自の付加価値をつけて販売しないと売れ残っちゃう><

 

結果、パワーストーンと天然石は別物だとか、最高品質のパワーストーン(天然石)と謳う、石に強力なパワーを送り身に着けるだけで願いが叶うパワーストーン(天然石)が爆誕したのです。

 

30年以上の歴史をもつ天然石の販売を運営しているショップさんでしたら、この業界の取り巻く環境や歴史に関して苦言をしているかもしれません。

またはその時代のやり方に沿って売り方を変えてきてることもあり得ます。

 

天然石には色々な内容物が自然に溶け込んで様々な模様や色鮮やかな世界を見せてくれている人間よりも長い時間を生きている素晴らしい宝石ですので、売り手の言葉に惑わされずに、あなた自身の一目ぼれ、直感を大事に石を選んで欲しいと願っています。

 

パワーストーン(天然石)の品質に関しての裏事情と業界の闇のまとめ

惑わされないようにと言っても、どうしても高品質というと売った時に高値で売れるのかな?とか思っちゃうのが人間のサガかもしれません。

 

宝石と違いパワーストーン(天然石)は品質基準が存在しないといいましたが、資金繰りに困った際に高値で売れると思い、高級品質のものを購入した石を売りに出したとしても買取不可能なショップさんが多いと思われます。

なぜなら、基準となるものがそもそも存在していませんので。

 

ですのでそういった理由で買うのであれば「宝石」または「金」を購入して下さいませ。

 

天然の石本来の姿や研磨した際の変身した可愛くも綺麗な天然石を好きになって頂けると嬉しいです。

厚化粧よりもスッピンが綺麗ですからね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

パワーストーン(天然石)の水晶には実は仲間がいっぱい!

こんにちは、ねこです。

 

水晶は和名を石英といい、二酸化ケイ素の結晶化したものを指し、透明度が高いものを水晶と呼んでいるのをご存じでしたか?


パワーストーンでの水晶の効果は能力の底上げ、様々な他の石達のパワーをよりサポートする効果があると言われていますが、
鉱物、天然石としての水晶には元々持っている性質があるんです。

 

水晶は元々、圧力を加えると電気を通す物体となります。
ですので、実は日常生活の様々な場所で使用されている石なんですよ。

 

例えば、スマホの部品パーツにも使用されていますし、墓石で見られるみかげ石の中にも含まれています。

日常生活で切っても切れない存在で、ご家庭に必ずある「ガラス(硝子)」

硝子の原材料は、珪砂(けいしゃ)とソーダ灰と石灰で作られています。

珪砂とは、その名の通り砂なんですが、これは二酸化ケイ素という物質が集まってできた石英で別名シリカと呼ばれています。

石英が長い年月をかけて結晶化したものが、水晶となります。

 

 

さてそれほど日常で活躍している水晶ですが、熱を加えたりすると他の名前で呼ばれている石達がいます。
今日は水晶の仲間たちを紹介していきますね。

こんな石も水晶だったりします。

 

クォーツと付いている石は水晶の仲間

クォーツいろいろ

水晶のことをクォーツと呼びます。

●●クォーツと呼ばれている石がいくつか思い出されたのではないでしょうか。

 

代表的な所ですと「ローズクォーツ」も水晶の仲間です。
また和名で●●水晶と呼ばれている石も、水晶の仲間になっています。
さきほどのローズクォーツも和名は「紅水晶」なんですよ。

 

と、ここで思い出したあなた…、そう紫水晶
アメジストも水晶の仲間です。
さらに黒水晶と呼ばれているモリオンも水晶の仲間。
ローズクォーツアメシスト、モリオンときましたが、他にも思いつく石はありますか?

 

近年人気があるゴールドルチルクォーツ、またの名を金ルチル、またシリトン、黄水晶、スモーキークォーツ、煙水晶も水晶の仲間となっています。

と、ここで不思議に思うのは、水晶は透明なものなのに、
なぜ他の水晶には色がついて不透明な石もあるのはなぜなのか?

 

では、次にそこを解説していきますね。

 

色がついている水晶と無色透明水晶の違い

色がついている水晶は、何かしらの成分が混合しており色が形成されています。
ローズクォーツなら、チタン、鉄、マンガン

アメシストは、鉄イオンを混ぜそこに熱処理を施し、酵素原子と鉄イオンの化学変化により鮮やかな紫の透明度が増しています。
(そのため、紫外線に長く充てると色あせてきます)

 

水晶→アメシスト→高熱の変化により、グリーンアメシストとシリトンに変化。

シリトン、黄水晶は、アメシストに高熱を加えて作られたものとなっています。
宝石としての天然シリトンはものすごく希少価値が高く、もし売られていたら高額です。

 

世界中に存在している鉱物、天然の石達はみなそれぞれの成分を保有しています。

 

さきほど述べたローズクォーツがチタン、鉄、マンガンが含まれているといいましたが、水晶は二酸化ケイ素でしたよね。

このように色がついた水晶と無色水晶の違いは、成分に何かしらの熱を加えたりしたときの化学反応により形成されています。

 

では、それ以外のクォーツと名前がついていない石は水晶の仲間なのでしょうか?

少々難しい言葉が出てきますが、眠っちゃだめですよ。

 

クォーツと名前がついていないけど、水晶の仲間達

石英の小さな粒子が集まり顕微鏡でしか確認が取れない集合体を「玉髄(カルセドニー)」

 

水晶の内部に空洞ができ、様々な不純物が入り込み化学反応により赤く色づいたものを「カーネリアン」

 

繊維状の石英が集まってできたものを「クリソプレーズ」

 

石英の小さな粒子が集まり顕微鏡でしか見る事が出来ない玉髄に溶岩が混ざり空洞化したもの「瑪瑙(アゲート)」

 

石英の小さな結晶が集まって出来たものを「碧玉(ジャスパー)」

 

 

化学反応や、多少の変化により、水晶の名前が変わるのは面白いですよね。

長い年月をかけて成分が集まり結晶化して出来た石が色によって名前が変わり、熱や他の成分を混ぜては、また名前が変わる。

 

そう考えるとパワーストーン(天然石)は凄く興味深い石ですよね。

 

パワーストーン(天然石)の水晶には実は仲間がいっぱい!名前から見分けがつくことも出来ますのまとめ

長い年月をかけて成分が集まり結晶化して出来た石が色によって名前が変わり、熱や他の成分を混ぜては、また名前が変わる。
そう考えるとパワーストーン(天然石)は凄く興味深い石ではありませんか?

 

水晶のパワーストーンとしての意味合いは
水晶が圧力を加えると電気を放つ性質に変化するところからきているのかな~と思ったりしています。
人間の身体にも電気が通っていますからね。

ということで、水晶(石英)とひとくくりにしても、色々な化学反応により仲間が多くいることが分かりました。

ちょっと難しかったでしょうか(;´∀`)

 

最後の方にちらっと出てきた「瑪瑙アゲート」と和名ではなく、アゲートと呼ばれている石も仲間がたくさんいますので、
色や形が異なる仲間をお店やネットで見て、楽しんでみて下さいね。

 

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 

 

パワーストーンは海外では通じない言葉だと知っていましたか?理由を解説します

こんにちは、ねこです。

私は雨の音は好きなのですが、濡れるのがどうしても苦手でして
お出かけしようとする時間に突然雨が降りそうな予感がすると、外出を辞めたりしています。

 

特別な用事でどうしても外出しなければならない時の天候が悪くなる場合は、試練。
特別でもない、ちょっとふらっとお外へ出かける用事の時の天候が悪くなる場合は、また今度にしたら、の合図だったりするんですよ。

 

感覚で日常を過ごしていると、こんな感じで動くことが多いです。

 

さて、タイトルにあります天然石を英語に訳して伝えているかのような「パワーストーン」ですが、実はこれは英語ではありません。

 

英語じゃなかったら何なの?と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。
ですので今日はパワーストーンは英語では何というのか?また、天然石とパワーストーンの違いに関してもお伝えしていこうと思います。

 

 

パワーストーンとは

英語でパワーストーンを表す言葉は「Gemstone(ジェムストーン)」といいます。
Gemstoneと打ち画像検索を出してみると、宝石や天然石がたくさん表示されますよ。
この文字だけですと「宝石の原石」という意味になっていますので
より日本で使用されている天然石を表現する言葉にすると「Loose Gemstone(ルースジェムストーン)」となります。

 

このルースという言葉は日本でも宝石を扱う方などは聞いたことがある単語ではないでしょうか。
英語の意味としては、外れた、緩いという意味合いになるんですが、
その名からLoose Gemstoneを直訳しますと外れた、緩い宝石・天然石という意味になり、日本のショップで販売されている石ですと、原石または未加工の単品の石を指した言葉となっています。

 

となりますと、天然石そのものを英語にするとどうなるのか?疑問に感じますよね。
読んで字のごとく、天然の石、という意味で「Natural stone」になります。

 

おさらいしますと、
宝石・天然石の総称は「Gemstone」
未加工・原石の宝石、天然石は「Loose Gemstone」
天然石そのものは「Natural stone」
となります。

 

……と、ここまで説明をしてきて、「パワーストーン」という英語が全くないことにお気づきですよね。
そうなんです。パワーストーンという言葉は、和製英語になります。

 

和製英語とは、日本独自につけられた名前のこと。
となりますと、パワーストーンってどこから来たの?天然石はどう違うの?という話になってきますよね。

 

では、次にそちらを解説していきます。

 

12時間で咲く不思議な桜【Magic桜】

 

パワーストーンの名前の由来と天然石との違い

 

今は天然石という呼び名も、パワーストーンという呼び名も両方が存在しています。

なぜ、両方がごちゃまぜにあるのか、同じ意味として天然石のことをパワーストーン

指す言葉だと思い気にしてなかった方もいるのではないでしょうか。

 

そもそも、私が初めてクリスタルと出会った時代にパワーストーンという言葉はありませんでした。

 

天然石という呼び名でお店が存在し、日本各地へ旅行へ行くと
産地である翡翠や瑪瑙・水晶だけを集めた博物館や展示品販売が多数存在するほど。

 

こういう言い方をしますとその業界から怒られそうな気も致しますが、私もスピリチュアル側の人間です。
完全に否定する訳ではございません。

 

時系列順に、私の個人的考えも含めて書いていきます。

 

海外でニューエイジ運動が始まり、ヒッピーを中心として石にはパワーがあると広まったのが1980年代。
その後日本では、バブル崩壊という大きな事件が起きました。これが1991年~1993年。
このバブル崩壊では沢山の犠牲者が出て、影響は計り知れないほどでした。死亡者も大勢。

 

日本には元々神頼みという言葉があります。
最後の最後のお願いは、神様に祈る、というもの。
海外ですと宗教や戦争が含まれるかな。

 

バブル崩壊から、藁にも縋る想いで有名なご利益がある神社にお参りをする方も多かったはずです。
その心の隙間から、石にはパワーが宿っていて願いを叶えてくれるニューエイジ思想からパワーストーンという言葉が広まってきたのではないかなと考えます。

 

なぜかといいますと、日本で「パワーストーン」という言葉が出てきたのは、2000年時代だからです。

 

余談ではありますが日本では精神世界・スピリチュアルという単語が広まった原点は
西洋占星術からきているニューエイジ・自己意識運動も調べてみると面白いですよ。


少々ごちゃごちゃしてきましたね。

 

 

パワーストーンは海外では通じない言葉だと知っていましたか?理由を解説しますのまとめ

私が当時の想いを馳せますと
色々な出来事、事件、戦争と辛く苦しい状況が続いてきた中で、
本来の役割とは違った意味で藁にもすがる思いで責任転換したかった人々がたくさんいたのではないかと思います。
誠実に真面目に生きて来ただけなのに、なぜこんな辛い思いをしなければならなかったのか。
日本以上に海外は歴史が長いですからね。

 

心が憔悴しきっている時に、教会、神社に祈りに行けない人に
神様のパワーが宿っている石を身に着けるだけで願いが叶うアイテムが目の前にあったら、買っちゃいますよね。
私が天然石と出会った時も、心が憔悴している時でした。

 

日本には神様という存在が信じられていましたし、卑弥呼と対のように勾玉という石の存在がありましたので、パワーストーンという元々あった天然石・鉱石にパワーが宿っているという話が広まっても可笑しくありませんよね。

 

スピリチュアルな方々が、天然石にはパワーが宿り願い事が叶うパワーストーンという呼び名で呼ぶようになり、
現代では、天然石とパワーストーン、両方の名前が存在する時代となっています。

 

余談ですが、卑弥呼時代に出てくる勾玉に用いられていた石は翡翠です。

「あれ、ラピスラズリじゃないの?」

疑問に思う方もいるかもしれません。

 

ラピスラズリは古代壁画に描かれたりエジプトの遺跡やお墓から採取されている石でお守りや儀式に用いられた石なので、日本では馴染みは薄いです。

 

日本の巻物や海外の壁画はとてもカラフルですよね。
鉱物は天然無機顔料の素材として使用されていた歴史があり、ラピスラズリもその一つです。


さて、余談が長引いてしまいましたので戻します。
結果論としましては、パワーストーンと天然石は時代の背景により名前が違っていただけ。

 

信じるか信じないかは、あなた次第!

と、どこかで聞いたことがあるセリフとなってしまいましたが、スピリチュアルや精神論は実際に体験してみて自覚をしないと判らないものだと思っていますので、天然石やパワーストーンは感覚、直感、インスピレーションで選んで欲しいと私は思っています。

願いを叶えるお守り的な役目はありますが、それをするためにどう動くかはあなた次第ですし、石に頼り過ぎて行動しなければ、石達のサポートも何もありません。

 

心が憔悴しきっている時は、情報を遮断してリラックスして下さい。
心が穏やかになれるように、誰か人に話を聞いて欲しいのであれば信頼できる1人を見つけて話して下さいませ。

 

いつも最後までお読み頂きありがとうございます。